粗大ゴミの出し方、注意事項、リサイクル方法についてご説明します。

粗大ごみの出し方について

引っ越しのときなどにでる粗大ごみ、家具や家電製品などは、自治体のルールに従って処分しなければならない

引っ越しのときなどにどうしても出てしまう粗大ごみ、家具や家電製品などがあります。これらのゴミですが、もえるごみやプラスチックごみのようにゴミ置き場に置いておけば清掃業者に持って行ってもらえるものではなく、お住いの自治体のルールに従って処分しなければならないのです。

例えば、パソコンです。これは好き勝手に捨てることができず、家電リサイクル法に基づいて処分をしなければならないのです。不要パソコンや故障パソコンに関しては、メーカーに回収してもらうか中古や故障パソコンのショップに買取をしてもらうことができます。パソコンは、故障パソコンでも買取してもらえるショップがあるのですが、他の家電製品の処分方法ですがいくつか出し方があります。

指定の店でゴミを回収してくれるシールを買い、電話または行政のホームページから回収の申し込みをする

まずは行政に回収してもらう方法です。粗大ごみといってもいくつか種類がありますので、その地域で回収してもらえるもの回収してもらえないものがあります。どういったものが回収の対象になるかは、市区町村のホームページ掲載されていますので、そこで確認をすることができます。

そして出し方も掲載されています。一般的には、行政が指定するお店、例えばスーパーなどでゴミを回収してくれるシールが販売されています。それを購入します。ゴミの種類によって回収料金が異なりますので、ゴミの量がどのくらい何種類になるのかそうすれば回収料金が合計いくらになるか計算することができます。その分を指定のお店でシール購入します。そうしましたら、電話または行政のホームページから回収の申し込みをします。そうすると指定の日に行政が回収をしにきてくれますので、指定の場所にゴミを出しておきます。そのゴミにシールの添付をしておき氏名を記入することで回収をしてもらうことができます。

参考サイト:粗大ごみ回収ガイド | 不用品回収業者を比較ランキング!費用は?

行政回収できないものは、不用品回収業者を利用する

しかし、行政回収であるとすべてのゴミを回収してもらことができるわけではないです。そういった場合には、不用品回収業者を利用します。不用品回収業者であれば、ほぼすべての不用品を回収してもらうことができます。電話やネットで予約すれば即日見積もりにきてもらうことができます。

民間の不用品回収業者はすぐに訪問にきてくれるので、即回収してもらうことができるのですが、行政でも回収してくれるゴミがある場合行政の方が回収料金が断然安いです。どうしてもすぐに不用品を回収してほしい時などに利用するとよいです。また、大手の引っ越し業者でも不用品回収をオプションで行う業者もあります。

最新記事