粗大ごみの定義について

粗大ごみとは、ごみ処理が困難とされる物が多く、近年は収集を有料化する自治体がほとんど

粗大ごみの定義は市町村によつて様々です。粗大ごみとは、人々の日常生活において不要となった耐久消費財を中心とする大型のごみのことをいいます。具体的には、一般家庭から排出される電気、ガス、石油器具、家具、寝具、趣味やスポーツ用品などの品目です。このようにごみ処理が困難とされる物が多いです。
収集を受けたごみは処理作業場で圧縮処理されます。近年は収集を有料化する自治体がほとんどとなっています。
自治体により定義が違うためはっきりとは言えませんが、ごみの大きさの例として、プラスチックや木製のもので一辺の長さが50センチメートル以上のものでという街もあれば、金属製品で一辺の長さが30センチメートル以上のものという街、棒状で1メートル以上あるものという街もあります。

分解してそれぞれの規定以下のサイズにできるものであれば、それは大型ごみにはなりませんので解体して捨てるようにしましょう。ものにもよりますが、ハンガーラックなとば解体して大型ごみではなく一般ごみとして捨てられるものになるでしょう。
また、これも自治体によりますが180センチメートル以上のサイズが大きいものは大型ごみで出すとしても自分で切断するなどして小さくし出す必要があります。その場合は、回収の際にサイズを説明し、自治体の回収窓口の指示に従うようにしてください。

粗大ごみとして収集しないものは、家電リサイクル法の対象品やパソコンリサイクルの対象品などクリーンセンターで処理できないもの

粗大ごみとして収集をしないものもあります。一つ目は、家電リサイクル法の対象品であるテレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、乾燥機、エアコンなどです。二つ目は、パソコンリサイクルの対象品であるノートパソコン、パソコン、ディスプレイなどです。その他には、クリーンセンターで処理することができないものである自転車、タイヤ、バッテリー、バイク、農業機械、サッシ、電気温水器、ピアノ、ドラムカン、建設廃材、ガスボンベなどをごみとして収集しません。

ごみの定義は全国一律ではなく市町村により様々である

ごみで出すとしても、収集手数料も市町村によって様々であるためやはり市町村への確認が必須のようです。ちなみに、ある市の「ごみ分別辞典」によると、プラスチック製品は「燃えるゴミ」であったり「燃えないゴミ」であったりします。
上記のように市町村によりごみの定義が様々であいまいであり、ごみの分別がその地域の事情や考え方により、全国一律ではなく、様々な取り決めがあることがわかります。
一般的には大型のごみやゴミ袋に収まらないゴミという解釈が一番わかりやすいかもしれません。