無料での不用品回収を賢く利用しましょう

リサイクルショップ、フリーマーケット、不用品回収業者、ネットオークションなど不用品の処分の仕方は多様になっている

皆さんは不用品をどのように廃棄、処分しているでしょうか。不用品の処分で真っ先に思い浮かぶのが、通常のゴミ収集や粗大ゴミに出すなどの方法です。リサイクルショップに売ったり、フリーマーケットに出す人も多いのではないでしょうか。不用品回収を専門とする業者に引き取ってもらうこともあるでしょう。
今はインターネットの普及により、ネットでのオークションに代表される個人間の売買も盛んです。手元の不用品が無くなるかわりに、ちょっとした臨時収入も入るので人気があります。

家電リサイクル法で指定されている家電や大型のものを購入した際、大半は搬入時に古いものを引き取ってくれる

それ以外にも、今はあらゆる処分方法が溢れています。不用品が発生するケースとして、「新しいものを購入したため、古いものが不用になった」というケースはとても多いことでしょう。家電や家具などはサイズも大きく、処理に困ることが多い代表的なものと言えます。
ただ、家電リサイクル法で指定されている家電や大型のものは、搬入時に引き取ってくれることが大半ですが、気になるのは自分で持ち帰ることができる小型家電や小型家具です。「古い電子レンジや炊飯器はどうすればいいのだろう、座椅子も不燃ゴミの日には出しづらいし……」と悩みがちです。

自分で持ち帰れる小型家電や家具などは、購入した商品と同様の不用品を一点、無料で引き取ってくれるサービスをしていることが多い

しかし、新しいものを購入するときに、店舗で確認することでそれらの不安が飛ぶ場合があります。最近のホームセンターや家電量販店では、購入した商品と同様の不用品を一点、無料で引き取ってくれるサービスをしていることが多いことをご存じでしょうか。しかも購入時に持ち込む必要はなく、大半が二週間から一ヶ月以内といった猶予があります。
そのため、あらかじめ店舗側に引き取り可能であるかどうか確認を取ることをオススメします。もちろん、引き取り可能な店舗であれば、購入後に「そういえば引き取ってもらえるのかしら」と問い合わせても、快くOKしてくれることが多いので心配はいりません。引き取りには特にこれといった手続きはなく、購入時のレシートを提示するだけでいいというケースが大半です。不用品がその店舗で購入した商品ではなくても引き取ってくれます。ただし、自分で店舗まで持ち込む必要があるので、その点だけ気をつけましょう。

民間の回収業者でも、品物によっては無料での不用品回収が可能なところもある

また、有料になりがちな民間の回収業者でも、「この品物は無料で引き取ります」と設定している場合があります。「邪魔だからすぐ処分したい」と急いで粗大ゴミなどに出す前に、一呼吸おいて調べてみましょう。思いがけない方法での不用品回収が必ず見つかります。しっかり調べて、無料での不用品回収を賢く利用しましょう。