粗大ごみの様々な捨て方

自治体のゴミ収集センターに予約をして有料で引き取ってもらうという方法

粗大ごみの捨て方は、住んでいる地域の自治体のゴミ収集センターに予約をして引き取ってもらう方法があります。予約は電話やパソコンででき、回収に来る日時を決めます。粗大ごみの回収は有料で大きさや種類によって料金が変わってきます。
自治体が発行しているごみ収集券をコンビニエンスストアや郵便局などで購入します。それを貼って回収当日の朝、家の前に出しておけばいいのです。
テレビや冷蔵庫、洗濯機などは家電リサイクル料金と運搬料が必要となります。リサイクル料金は家電の種類によって異なり、自治体に引き取ってもらう場合は家電リサイクル券を郵便局などで購入しなければなりません。個人で処理場に持ち込む場合は運搬料は必要ありません。
家電は購入した電器店や不用品回収業者に引き取ってもらうこともできます。その場合の運搬料は業者によって異なってきます。

粗大ごみなどの回収を行う不用品回収業者は、家の中からトラックまで運んでくれるので便利、また買取を行う業者もある

不用品回収業者は粗大ゴミなどの回収も行います。自治体に依頼した場合、大型のごみは家の前に出しておかなければなりません。その点、電器店や不用品回収業者は家の中からトラックまで運んでくれるので便利です。実際エレベーターの無い2階や3階などから大型の家電などを運び出すのは大変な作業です。ヘタに動かしたら家や周りの家具を傷つけかねません。業者なら荷物の移動には慣れているのでそのような事故もほとんど起こりません。

不用品回収業者は、ごみの回収だけでなく買取も行ってくれるところがあります。業者が買取をする場合は資格が必要となります。買取を希望する場合は、利用する業者が資格を持っているかどうか確認する必要があります。ごみとして出した品物が買い取ってもらえれば回収費用もそれだけ安くなるので便利です。

不用品回収を行う引越し業者は運搬費用はかからず、不用品買取の資格を持っている業者ならリサイクル料も無料に

粗大ゴミとして家の前に出しておいたものが自治体が回収に来る前に持ち去られていることがよくあります。ごみが持ち去られるのはそのごみにそれだけの価値がある証拠です。
引越しをする場合は、引越し業者が不用品回収を行っているところもあります。引越しの時に不用品を回収してくれて運搬費用は無料です。家電を買い取ってくれた場合はリサイクル料も無料になるのでお得です。引越し業者の中には不用品回収だけ行い買取の資格を持っていない業者もいます。不用品買取ができるか依頼する前に確認することも必要です。不用品回収業者は、業者によって料金も違ってくるのできちんとした基準を設けているところに依頼することが大切です。はっきりした見積もりを出してくれる業者なら信頼がおけます。