粗大ごみのマットレスを、安く処分する方法の紹介

ほとんどの市町村の自治体ではスプリング入りのマットレスは処分困難品扱い、回収業者でも8000円ほどかかってしまう

Bed

粗大ごみであるマットレスの寿命が来て、中央が凹んでいてきしむようになってしまいました。数年使い続けていると汚れが目立ち、毎日の疲れを取るためのベッドが寝心地が悪く感じ、不衛生なものとなっていました。
このような大きいものはどうやって捨てたらいいのか困ってしまいました。ほとんどの市町村の自治体ではスプリング入りのマットレスは処分困難品扱いで、引き取ってくれないものです。回収業者に無料見積の電話をしても、8000円ほど掛かるとの事なので、正直高いなと思ってしまいました。近所にリサイクルショップがあったので、苦労して車に積み込みましたが、状態が悪く買い取り不可で再び持ち帰り、二度手間を踏んでしまいました。

1500円ほどで大型ニッパーなどを買い、自分でバラバラに解体することにした

自分でバラバラにして最寄りのごみ置き場に持って行くほうが、安く処分出来ると考えました。家の中で解体を行うと狭く、カッターなどの工具で床を傷つける恐れがあるので庭で行ったほうが良いです。マットレスの中にあるスプリング解体作業で、部屋の壁に傷が付く可能性もあります。
マットレス解体の為に、大きめのカッターとスプリングなどの針金を切れる大型ニッパーを購入しました。工具の合計金額は1500円ほどでした。カッターでマットレスに切れ目を入れて、布とスポンジマットを剥がすとヤシの麻みたいな素材が出てきました。その素材がスプリングに張り付いていて、剥がすのに苦労しました。スプリングは小さなニッパーだと時間が掛かるので、大型ニッパーを使用することをおすすめします。
私の住んでいる自治体だとスプリングは不燃ごみで出せるので、指定の不燃ごみのビニール袋に入れられるくらいに細かくしましたが、かなりの時間を要しました。安く処分するために、我慢してスプリングを細かく切断していきました。カバーの布やスポンジやヤシの麻みたいな素材は、可燃物として私の自治体では出せます。

あとは可燃物と不燃物に分けてごみとして出すだけで処理料金は無料!

このように自分で解体を行えば工具の1500円のみで、あとは自治体指定の袋に可燃物と不燃物に分けるだけで処理料金は無料でした。回収費よりも工具を買う方が高くなると勘違いしてしまいがちですが、最近では工具も安く手に入りますので解体したほうがお得です。特に女性はホームセンターで工具の値段を把握していない傾向にありますが、工具は思ったよりも高くは無いのを知って欲しいです。
自分で解体するのは面倒とは思わずに、ぜひ皆さんも粗大ごみを安く処分する方法を考えてみるのが良いと思います。